ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

March 2007

行雲流水 こううんりゅうすい
 物事にとらわれず自然の成り行きに任せて
 行動すること

鶏口牛後 けいこうぎゅうご
 大きな組織の中で歯車の一つになるよりも小さな組織の
 中でトップになったほうがよい

天変地異 てんぺんちい
 天と地に起こる大きな異変、災害、暴風雨、雷、日食、月食
 地震、噴火、洪水、津波

有為転変 ういてんぺん
 この世の中すべてのものは絶えず変化していて少しの間も
 同じ状態にとどまっていないこと

孤軍奮闘 こぐんふんとう
 援軍の無い孤立した少数の軍勢で敵とよく戦うこと

花鳥風月 かちょうふうげつ
 日本の美しい風物 日本人の美意識を代表させた言葉

面従腹背 めんじゅうふくはい
 服従しているように見せて内心では反抗していること

信賞必罰 しんしょうひつばつ
 功労のある人には賞を与え、過ちを犯したものは
 罰を与えること

青天白日 せいてんはくじつ
 雲ひとつ無く晴れた空に太陽が輝いていることで少しも
 陰りが無いこと 疑いをかけられた罪が無実であると
 明らかになること

不即不離 ふそくふり
 接近しすぎもせず離れすぎもしない関係

以心伝心 いしんでんしん
 心から心へ伝え悟らせること

晴好雨奇 せいこううき
 晴れでも雨でも美しい景色

浅学非才 せんがくひさい
 学問知識が浅く才能も無いということ

勇猛果敢 ゆうもうかかん
 勇ましく強く決断力もあること

金科玉条 きんかぎょくじょう
 法律は金や宝石のように貴重であること
 人が守るべき大切な教訓や信条もいう

温故知新 おんこちしん
 昔のことを調べて新しい知識・考えを得ること

潤 じゅん うるお(う) うるお(す) うる(む) 部首 さんずい

 潤滑 じゅんかつ
 潤沢 じゅんたく
 利潤 りじゅん

遵 じゅん 部首 しんにょう しんにゅう

 遵守 じゅんしゅ
 遵法 じゅんぽう

如 じょ にょ 部首 おんなへん

 如才 じょさい
 如意 にょい
 欠如 けつじょ

徐 じょ 部首 ぎょうにんべん

 徐行 じょこう
 徐徐 じょじょ

匠 しょう 部首 はこがまえ

 意匠 いしょう
 巨匠 きょしょう
 師匠 ししょう

昇 しょう のぼ(る) 部首 ひ

 昇華 しょうか
 昇格 しょうかく
 上昇 じょうしょう

掌 しょう 部首 て

 掌握 しょうあく
 掌中 しょうちゅう
 合掌 がっしょう

晶 しょう 部首 ひ

 結晶 けっしょう
 水晶 すいしょう

慈 じ いつく(しむ) 部首 こころ

 慈愛 じあい
 慈善 じぜん
 慈悲 じひ

軸 じく 部首 くるまへん

 軸物 じくもの
 機軸 きじく
 中軸 ちゅうじく

疾 しつ 部首 やまいだれ

 疾患 しっかん
 疾駆 しっく
 疾走 しっそう

湿 しつ しめ(る) しめ(す) 部首 さんずい

 湿気 しっけ
 湿潤 しつじゅん
 湿地 しっち

赦 しゃ 部首 あか

 赦免 しゃめん
 恩赦 おんしゃ
 容赦 ようしゃ

邪 じゃ 部首 おおざと

 邪悪 じゃあく
 邪鬼 じゃき
 邪魔 じゃま

殊 しゅ こと 部首 かばねへん いたちへん がつへん

 特殊 とくしゅ
 殊勲 しゅくん
 殊勝 しゅしょう

寿 じゅ ことぶき 部首 すん

 寿命 じゅみょう
 喜寿 きじゅ
 長寿 ちょうじゅ

錯 さく 部首 かねへん

 錯誤 さくご
 錯綜 さくそう
 交錯 こうさく

撮 さつ と(る) 部首 てへん

 撮影   さつえい
 盗み撮り ぬすみどり
 早撮り  はやどり

擦 さつ す(る) す(れる) 部首 てへん

 擦過傷 さっかしょう
 摩擦  まさつ

暫 ざん 部首 ひ

 暫定 ざんてい
 暫時 ざんじ

祉 し 部首 しめすへん
 
 福祉 ふくし

施 し せ ほどこ(す) 部首 ほうへん かたへん

 施工 しこう
 施策 しさく
 施主 せしゅ
 布施 ふせ

諮 し はか(る) 部首 ごんべん

 諮問 しもん

侍 じ さむらい 部首 にんべん

 侍医 じい
 侍従 じじゅう
 国侍 くにざむらい

債 さい 部首 にんべん

 債権 さいけん
 起債 きさい
 国債 こくさい

催 さい もよお(す) 部首 にんべん

 催促 さいそく
 催眠 さいみん
 開催 かいさい

削 さく けず(る) 部首 りっとう

 削減 さくげん
 削除 さくじょ
 添削 てんさく

搾 さく しぼ(る) 部首 てへん

 搾取 さくしゅ
 搾乳 さくにゅう
 搾油 さくゆ

このページのトップヘ