ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

February 2008

ちょっと変わった空き巣犯人が逮捕されたそうです。細くて長い手を持つこの空き巣犯は、ドアの郵便受けから手を突っ込み鍵をはずして空き巣を繰り返していたそうです。どれだけ長い手なんでしょうか?



ドアの郵便受けから手を突っ込んでカギを外し、空き巣を行ったとして、警視庁杉並署は窃盗の疑いで、埼玉県八潮市八潮の無職、大塚謙一容疑者(35)を逮捕したそうです。


大塚容疑者は腕が細長く、鍵の部分まで手が届いたといい、同様の手口で、東京都荒川区や足立区、杉並区などで100件以上の空き巣を繰り返していたようです。


大塚容疑者は工具を使って郵便受けの金具を外し、手を突っ込んで犯行に及んでいたそうです。


同じ手口で空き巣をしたとして、窃盗罪で服役。昨年に出所して、11月ごろから再び空き巣を始めていたが、特徴的な手口から捜査線上に浮上していたそうです。


調べによると、大塚容疑者は昨年12月10日、荒川区町屋のアパートに住む女性会社員方に忍び込み、現金約6000円と指輪など4点(9万3100円相当)を盗んだ疑いのようです。


このうち指輪を実名で質屋に入れていたことなどから、容疑が固まり、逮捕したそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080229-00000928-san-soci

駐車違反をした違反者が反則金の支払いを逃れようとするために、「ナンバープレートが盗まれた」や「車が盗まれた」などウソの盗難届けを出す手口が増えているそうです。ウソをついたことがばれると逮捕されますよ。


「車やナンバープレートを盗まれた」とウソの盗難届を出して、車の所有者が駐車違反の違反金を免れようとする手口が横行しているそうです。


2006年施行の改正道路交通法で、所有者にも違反金が科せられるようになったが、インターネット上では「弁明の機会に『盗まれた』と主張すれば大丈夫」などと指南する書き込みが相次ぎ、警察当局では警戒を強めているそうです。


警視庁は昨年11月、オートバイに標章をはられた直後にウソの盗難届を出したとして、東京都板橋区の男(42)を道交法違反(虚偽報告)容疑で摘発したそうです。


駐車違反を巡って同法の虚偽報告が適用されたのは全国初だそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080229-00000040-yom-soci

インフルエンザのウイルスも進化しているようです。インフルエンザに効くとされているタミフルが効かない「耐性ウイルス」が横浜の小学生から検出されていたようです。耐性ウイルスが広がらないことを祈ります。


横浜市内の小学校などで1月末、抗インフルエンザ薬タミフルが効かない「耐性ウイルス」が5人から検出されていたことが横浜市衛生研究所の調査で分かったそうです。

集団感染とみられ、耐性ウイルスによる集団感染が確認されたのは国内初。


同研究所によると、横浜市内の同じ区内で1月28日、8〜13歳の男女5人から耐性ウイルス(Aソ連型)が検出されたそうです。


3人は同じ小学校に通い、残りの2人は同じ医療機関を受診していたようです。


全員がタミフル服用前だったため、服用により患者の体内でウイルスが変異したのではなく、耐性ウイルスによる小規模集団感染があったとみられるそうです。


世界保健機関によると、今季日本での耐性ウイルスの検出率は5%だが、ノルウェーで66%に上るなど、欧州での広がりが懸念されている。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080228-00000085-mai-soci&kz=soci

強盗事件で誤認逮捕された男性が、国と県に対して慰謝料を請求する訴訟の判決が出たそうです。慰謝料500万円を求めたところ100万円を賠償する判決が出たそうです。この場合100万円というのは高いのか安いのかよくわかりませんね。


宇都宮市で起きた2件の強盗事件で誤認逮捕され、無罪判決を受けた冤罪(えんざい)被害者の同市の無職男性(56)が、違法な逮捕と捜査で精神的苦痛を受けたとして国と県を相手取り慰謝料500万円を求めた国家賠償訴訟の判決が28日、宇都宮地裁であったそうです。


福島節男裁判長は、「警察官は男性を誘導し、虚偽の自白調書を作成した」として国と県に計100万円の支払いを命じたそうです。


訴えなどによると、男性は2004年に洋菓子店とスーパーで起きた事件で宇都宮東署に強盗容疑で逮捕され、宇都宮地検に起訴されたそうです。


しかし、公判中に別の男が犯行を認めたため、検察は男性の無罪を論告し、宇都宮地裁も05年、無罪判決を言い渡し、確定したそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080228-00000020-yom-soci

USJもオープンしてから7年が経つんですね。早いものですね。7周年を記念してかどうかはわかりませんが、今度新しくできるアトラクションの宣伝曲としてWaTが新曲を書き下ろすそうです。


テーマは「人との絆」だそうできっと素敵な曲になるんでしょうね。


今春、開業7周年を迎えるユニバーサル・スタジオ・ジャパンの新アトラクション『ファンタスティック・ワールド』の宣伝のために、人気アーティストWaTが「つながり」や「人との絆」をテーマにした新曲(タイトル未定)を書き下ろし提供するそうです。



この新アトラクションはミュージカル形式で、ホワイトタイガーの子供2匹が、地球というファンタスティック・ワールドを舞台に「命のゆりかごの意味は何か?」という答えを探すという冒険物語だそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080227-00000023-oric-ent

「武士の一分」が全米で4月にも公開されるそうです。タイトルは「Love and Honor」、Honorは光栄、名誉、誠実、正直、道義心、自尊心などの意味がありますから直訳すると「愛と名誉」とか「愛と道義心」っていう意味でしょうか。 


木村拓哉(35)主演のヒット映画「武士の一分」(山田洋次監督)が早ければ4月にも、全米公開されるそうです。


英語タイトルは「Love and Honor」。昨年、米国でも好成績を残した渡辺謙(48)主演「明日の記憶」(堤幸彦監督)の米国公開を手掛けた配給会社イレブン・アーツが、ロスをはじめ、シカゴ、サンフランシスコ、デトロイト、ホノルルなど全米の主要都市の劇場との交渉が最終段階に入っているそうです。

順調にいけば、4月から順次公開されるそうです。木村にとって主演映画の全米公開は初めてだそうです。


時代劇映画「武士の一分」は国内では06年12月から封切られ、興収41億円を記録するヒットとなったそうです。


全米公開は、メガホンをとった山田洋次監督の実績と木村のスター性が決め手となったようです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080228-00000014-nks-movi

キムタクのドラマ1話分のギャラは900万円かもしれないそうです。全11話で1億円というのはドラマのギャラとしては史上最高だそうです。すごいですね。それだけ高い視聴率が間違いないということなんでしょう。


4月からフジテレビの“月9”ドラマで主演するSMAPの木村拓哉(35)。キムタクが首相を演じるというので話題で、タイトルは未定だが「プライムミニスター」などが候補に挙がっているそうです。


そんな中で、ここにきてもっとも関心を集めているのはズバリ、木村の出演ギャラだ。“連ドラ史上最高額”になるのではないかといわれているそうです。



テレビ関係者の間では、1話あたりのギャラを500万円にし、これに“企画料”名目で200万円を加算して「華麗なる一族」を実質的に上回る700万円にしたといわれているそうです。


これだと全11話で7700万円。また、「華麗なる一族」の5割増しの1話900万円、トータル1億円にしたという仰天情報も浮上しているそうです。






本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080228-00000001-gen-ent

このページのトップヘ