ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

May 2009





アッキーナこと南明奈がオードリー春日のことを好きだとテレビで告白したので恋愛関係に発展するのかと思いきや、じつはアッキーナは「キャラクターとして好きというか、キティちゃんみたいな感じですね。勘違いさせちゃいましたね。」と恋愛感情としての好きではないとハッキリ言ったそうです。オードリー春日もショックでしょうね。


タレントの“アッキーナ”こと南明奈が31日、写真集『373−16→20』の発売記念イベントを、東京・神保町の書泉ブックマートにて開催したそうです。



かねてより「大好き」と公言しているオードリー・春日については、「キャラクターとして好きというか、キティちゃんみたいな感じです。勘違いさせちゃいましたね」と語ったそうです。



写真集『373−16→20(ミナミ イチロク ニイマル)』(集英社刊)は5月15日、20歳の誕生日を記念して発売されたものだそうです。グアムロケの最新ショットから、デビュー当時からの秘蔵ショットまで収録しているそうです。


「16歳から20歳までの南がこの1冊に詰まっています。初グラビアも入っていて、結構ぽっちゃりしていて初々しい。自分で言うのもなんですが、大人っぽくなって、しっとり系もいけるようになったなと思います。お気に入りは、今まであまり着なかった黒い衣裳の写真ですね」


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090531-00000007-devi-ent





トータルテンボスが「S−1バトル」で5月の月間チャンピオンに輝き賞金1000万円をゲットしたそうです。3月に続いて2回目の月間チャンピオンだそうです。M−1グランプリでは決勝に進んでもチャンピオンにはなれなかったトータルテンボスですが、「S−1バトル」では2回も月間チャンピオンになり賞金総額2000万円を獲得したんですね。年間チャンピオンになると賞金が1億円だそうです。


携帯電話を使い、お笑い芸人の映像作品を競う「S−1バトル」(ソフトバンクモバイル主催)の5月の月間チャンピオンがお笑いコンビ「トータルテンボス」の作品「今月のいたずら」に決定し30日、表彰式が開かれたそうです。


トータルテンボスは3月の月間チャンピオンも獲得しているそうです。


トータルテンボスは大村朋宏さん(34)と藤田憲右さん(33)のコンビ。「今月のいたずら」は、大村さんが藤田さんにドッキリを仕掛けるという内容だそうです。


大村さんは「(チャンピオンを)取りにいってるので、してやったり」と満足げだったそうです。藤田さんは「何も考えずに転んでいただけだったのに」ととぼけたそうです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090530-00000065-maiall-ent






「1Q84」とは村上春樹の新作長編です。5月29日に発売され発売日に4刷68万部だそうで、出版社の新潮社は「史上空前の記録」と言っているそうです。「1Q84」は1984年の東京が舞台で「青豆」と呼ばれる女性と「天吾」という作家志望の予備校教師の二人の物語が交互に語られページが進むにつれ交錯していく
そうです。ベストセラーとSEXカルト教団が関係しているそうです。


村上春樹さんの新作長編小説「1Q84」(全2巻)が全国の書店に並んだ29日、出版元の新潮社は3度目の増刷を決め、部数は累計で68万部に上ったそうです。


発売日に4刷68万部という数字について、同社広報宣伝部は「新潮社史上空前の記録」としているそうです。

 
「1Q84」は村上さんの5年ぶりの長編で、初版は2巻合わせて38万部だそうです。


予約が殺到したため22、28、29日に10万部ずつの増刷が決まったそうです。


1984年の日本を舞台にカルト教団の謎を描いているが、同社は発売前に内容を一切公表しなかった。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090529-00000081-mai-soci






肺結核で入院していたハリセンボンの箕輪はるかが無事に退院したそうです。今後はしばらく自宅で静養して仕事に復帰するそうです。これからは、栄養面に気をつけて仕事をがんばってもらいたいですね。とりあえず退院おめでとう!


肺結核で4月3日より入院していた女性お笑いコンビ・ハリセンボンの箕輪はるかが29日、退院したそうです。


現在は日常生活にはまったく支障がなく仕事復帰に差し支えがないと診断されているが、しばらく自宅で静養した後、仕事に復帰する予定だそうです。



復帰にあたり以下のコメントを寄せたそうです。



箕輪はるか
「先輩方やファンの皆様からの、たくさんの励ましに支えられて、無事退院することができました。また相方とコンビで活動ができることが、何よりも嬉しいです。もう少しだけ休みますが、元気に復帰をして頑張りますので、よろしくお願いします。」



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090529-00000010-oric-ent




厚生労働省の男性キャリア官僚がJR千葉駅で「Suica」の利用方法について注意されたところキレて駅員を蹴るなどの暴行をしたそうです。駅員にケガはなかったのですが、「Suica」をタッチせずに電車に乗ろうとしたキャリア官僚を駅員が「タッチしてください」と注意したところ「タッチしないといけない決まりがあるのか!」とどなり蹴りを入れたそうです。キャリア官僚とはいえ社会のルールを守らなければいけませんね。何様のつもりなんでしょうか!


厚生労働省の男性キャリア官僚がJR千葉駅(千葉市中央区)でICカード乗車券「Suica(スイカ)」の利用法を注意されたことに腹を立て、駅員をけっていたことが千葉県警などへの取材で分かったそうです。



駅員は被害届を出し、千葉中央署が暴行容疑で調べている。駅員にけがはなかったそうです。



捜査関係者などによると、このキャリア官僚は同省の課長級だそうです。



5月20日午前8時10分ごろ、千葉駅で自動改札を通らず、Suicaを駅員に示しただけで構内に入り、電車に乗ろうとしたそうです。



駅員が自動改札機にタッチするよう注意したところ、けられたそうです。



この官僚は駆け付けた県警鉄道警察隊員に「タッチしないといけない決まりがあるのか」などと話したそうです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090529-00000015-mai-soci





民間の生命保険会社や損害保険会社の不払い問題というのが社会問題になりましたが郵便局のかんぽ生命でも不払い件数が30万から40万件あるそうです。もう保険会社はどこも信用できないのでしょうか。


かんぽ生命保険は29日、旧日本郵政公社の簡易生命保険契約のうち22万3000件を不払いの可能性が高い契約として割り出したと発表したそうです。



契約書類とデータの機械照合で一致しなかった177万8000件を社員が目視で点検した結果だそうですが、目視点検は76万3000件が未着手のままだそうです。



鳩山邦夫総務相は同日の閣議後記者会見で、不払いの可能性が高い契約は最終的に30万−40万件に達する見通しを示したそうです。
 

これらの契約は専門知識を持つ社員が最終点検し、不払いの有無を確定後に保険金を支払うそうです。


入院保険金の日数を誤入力したケースや、退院後に支払う通院療養給付金が支払われていないケースがあるそうです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090529-00000079-jij-pol





平成16年に親類ら7人を刺殺した殺人事件で、無職、藤城康孝被告(52)の判決公判が29日、神戸地裁で開かれ被告に死刑判決が言い渡されたそうです。被告の弁護側は犯行当時の心神喪失を主張して責任能力を否定したそうですが、裁判長は責任能力ありと判断して極刑を決断したそうです。弁護側はただちに控訴する方針だそうです。



兵庫県加古川市で平成16年、親類ら7人を刺殺したとして、殺人などの罪に問われた無職、藤城康孝被告(52)の判決公判が29日、神戸地裁で開かれたそうです。


岡田信裁判長は「冷酷、残忍で犯罪史上まれにみる凶悪な犯行。刑事責任はあまりに重く、極刑に処するしかない」として求刑通り死刑を言い渡したそうです。弁護側は控訴する方針だそうです。


弁護側は事件当時、被告は心神喪失か心神耗弱状態だったと主張したそうです。



4年半にわたった公判では、妄想を伴う精神障害を認め完全責任能力を否定した鑑定と、人格の偏りはあるものの精神障害はなかったとした鑑定の、どちらが信用できるかが争点となったそうです。



岡田裁判長は判決理由で「犯行までの経緯と被告の性格などから、殺意を抱いたことは妄想とはいえず、攻撃的な人格障害の特徴を持っているに過ぎない」と指摘したそうです。


被告には完全責任能力があったと認定、弁護側の主張を退けたそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090529-00000534-san-soci

このページのトップヘ