ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

May 2009







中田カウスに脅迫状を送りつけたのは前田五郎ではない可能性も出てきたそうです。酒鬼薔薇事件など数多くの筆跡鑑定を手掛けた神戸大・魚住和晃教授が行った筆跡鑑定では同一人物が書いたとは考えにくいとの見解を示したそうです。しかし、それならばなぜ前田五郎は強く反論しないのでしょうか、ましてや芸能活動をやめていることからもなんだかスッキリしませんね。まだまだ解決には時間がかかりそうですね。


1997年の神戸・酒鬼薔薇事件など数多くの筆跡鑑定を手掛けた神戸大・魚住和晃教授(62=文字文化学)がスポーツ報知の取材に応じ、4月3日に漫才師・中田カウス(59)の自宅に郵送された脅迫状と、カウスが関与をほのめかし、現在活動休止中の漫才師・前田五郎(67)の直筆文を比較したそうです。


魚住教授は「同じ人が書いたとは考えにくい」と、前田を犯人視することに疑問を投げかけたそうです。

 

魚住教授が、最初に発した言葉が「違うね」だった。限られた2つの文章では証拠として乏しいと前置きした上で、カウス宅に郵送された脅迫状と、スポーツ報知が独自入手した前田の直筆文が同一人物によって書かれたものではないと判断したそうです。


その根拠として筆の運び方、文字の大きさ、筆圧、縦書きと横書きの4点を挙げたそうです。



 

本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090528-00000352-sph-ent





「コアリズム」というダイエット法が最近流行っていますが、これはアメリカ生まれのエクササイズでラテンのリズムに乗りながら腰をフリフリしてウエストをくびれさせるエクササイズだそうです。クワバタオハラのくわばたりえさんが、コアリズムでウエストがマイナス20センチという 驚異的なダイエットを成功させて、今や注目度ナンバーワンのダイエット法だそうです。 「コアリズム」のDVDをコピーしてネットオークションで売りさばいていた女が逮捕されたそうです。



米国の人気エクササイズ「コアリズム」のDVDを無断で複製し、インターネットのオークションで販売したとして、警視庁麹町署は28日までに、著作権法違反容疑で、大津市真野、無職原沢里奈容疑者(29)を逮捕したそうです。



同署によると、容疑を認め、「ネットオークションで購入したDVDが届かなかったことがあり、損失を取り戻そうと思った。昨年6月ごろから300万円ぐらい稼いだ」と供述しているそうです。


10枚セットで定価3万4450円のDVDを購入し、自宅のパソコンで複製して、8000円程度で販売していたそうです。







本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090528-00000114-jij-soci





78歳の男性が運転する自動車が民家に突っ込むという事故があったそうです。この男性は銀行を探しながら運転していたそうでハンドル操作をミスしたようです。民家には83歳の老夫婦が居たそうです。おじいちゃんは両足打撲の軽傷、おばあちゃん意ケガは無かったようです。高齢者の自動車事故は年々増加傾向なので気をつけましょうね。 



28日午前9時5分頃、大阪府寝屋川市三井が丘の民家の居間に、近くに住む無職男性(78)が運転する乗用車が柵を押し倒し、窓と壁を破って突っ込んだそうです。

 
居間にいた居住者の男性(83)が車と床の間に挟まれて両足打撲の軽傷だそうです。そばにいた妻(83)にけがはなかったそうです。

 
寝屋川署は、自動車運転過失傷害の疑いで捜査。運転していた男性は「銀行を探していた」と話しており、同署は民家に面した市道を走行中、ハンドル操作を誤ったそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090528-00000675-yom-soci





草なぎ剛が芸能活動を再開したそうです。公然わいせつ事件で逮捕されて起訴猶予処分となった草なぎ剛さんですが、心機一転して「SMAP」に帰ってきたそうです。「SMAPとして新しくがんばっていきます。メンバーのみんなと仕事ができる幸せを感じています。」とコメントしたそうです。十分に反省しているでしょうし、逮捕自体がやりすぎなんじゃないとの声も多いですから、これからはあまり飲みすぎずにがんばってほしいですね。


4月23日に公然わいせつ容疑で逮捕され、起訴猶予処分となった「SMAP」の草なぎ剛さん(34)が28日、バラエティー番組「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)の収録で芸能活動を再開したそうです。


草なぎさんは黒のスーツで同局に姿を見せ、取材に応じ、「今日から私草なぎ剛は、SMAPとして新しく頑張っていきます。メンバーのみんなと仕事ができる幸せを感じています」と述べたそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090528-00000036-maiall-ent





久しぶりに見ましたね。トシちゃんこと田原俊彦。もう48歳なんですね。25年ぶりに自叙伝『職業=田原俊彦』が出版されたそうですが、女性関係については書かれていないそうです。その点を報道陣に質問されると「書くとなると別冊が必要。書く予定? ねーよ! ベストセラーになっちゃう」と相変わらずの“ビッグ発言”で、健在ぶりを見せつけたそうです。ダンスのほうも健在だったそうです。



今年で芸能生活30周年を迎える歌手・田原俊彦が27日、都内で行われたニンテンドーDS用ソフト『ザ☆歌謡ジェネレーション』の発売記念イベントに出席したそうです。


イベントでは同日に発売された25年ぶりの自叙伝『職業=田原俊彦』もアピールしたが、同書に綴られていない女性関係を報道陣から突っ込まれると「書くとなると別冊が必要。書く予定? ねーよ! ベストセラーになっちゃう」と相変わらずの“ビッグ発言”で、健在ぶりを見せつけたそうです。



田原が「自分の楽曲なのに80点取れない。やりがいがある」と語る同作は、1980年代の懐かしい歌謡曲とステージを再現したリズムアクションゲーム。ステージに登場した田原は、集まった1000人のファンを前にまったく衰えを感じさせないダンスを披露するも、「大理石がやけに滑って、キレをそがれた」と納得がいかない様子だったそうです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090527-00000005-oric-ent






『週刊モーニング』で井上雄彦氏の人気漫画『バガボンド』が連載再開したそうですが、なんといきなりしょっぱなから大変なミスが起きたそうです。1ページ目と4ページ目が反対になっていたそうです。井上雄彦氏も「なぜこんなミスが起きるのかわからん。理解不能」と怒りをあらわにしているそうです。人気のある漫画だけに反響も大きいようです。


本日28日発売の『週刊モーニング』(講談社)から、約2か月ぶりに連載が再開された漫画家・井上雄彦氏の人気漫画『バガボンド』で、編集部のミスにより、一部で掲載ページに乱丁があることが判明したそうです。



28日付の『週刊モーニング』公式ホームページで「ご購入いただきました皆様と、井上雄彦氏に、ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪しているそうです。



井上氏も自身の公式ブログで「何でこんなミスが起きるのか解らん。理解不能。怒りすら通り越してただ呆然…」と憤りをあらわにしているそうです。



『週刊モーニング』の看板作品とも言える『バガボンド』で編集部のミスにより、正しい掲載順から1ページ目と4ページ目が入れ替わっていることが判明したそうです。



井上氏は、自身の公式ホームページで「今回何と、1ページと4ページが反対になってしまっているようです。原稿にページ数は書いてあるし、担当はその部分のネームも読んで内容を知っているはずで、何でこんなミスが起きるのか解らん。理解不能。怒りすら通り越してただ呆然…」と心境を告白しているそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090528-00000000-oric-ent





板橋区の資産家瀬田英一さんと妻の千枝子さんが殺害された事件で、瀬田さんは、親分肌の人で飲みに行っても必ず全額払ってくれたりして面倒見のいい人だったそうです。「飲み代は月300万円」と言っていたそうです。しかし、一方で用心深い面もあったそうで、自宅には赤外線センサーを設置していたり、来客があっても自宅には入れなかったそうです。犯人はどのようにして自宅に侵入したのでしょうか。犯人は顔見知りの可能性が高いですよね。



東京都板橋区弥生町の不動産賃貸業瀬田英一さん(74)方で、瀬田さんと妻の千枝子さん(69)が殺害され、放火された事件。

 
樹木がうっそうと茂る広大な敷地内に暮らす夫妻は地元では有名な資産家だったが、「飲み代は月300万円」として周囲に振る舞い酒をするなど豪快で面倒見のいい性格に、周囲からは「犯罪に巻き込まれないか」と心配する声も上がっていたそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090527-00001185-yom-soci

↑このページのトップヘ