福田康夫首相は5日昼、民主党の小沢一郎代表との党首会談をめぐり、小沢氏が4日の記者会見で連立政権協議が成立すれば、首相は新テロ対策特別措置法案にこだわらないと「確約した」と説明したことについて「新テロ法案を何とか可決してほしい。一貫してそう考えている」と否定した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 自衛隊海外派遣の恒久法に関し、国連決議を条件とすることで合意したと小沢氏が説明したことについては、首相は「そういう話もあった」と認めた。その上で「決議が出れば何でもやることになるか、よく詰めなければいけない。時間もかかる」と述べた。

また、党首会談で連立政権協議をどちらが持ち掛けたかに関しては「互いにそういう気持ちが多少でもないと、そういうことにはならないだろう。あうんの呼吸ではないか」と述べ、小沢氏も当初から前向きだったとの認識を示した。小沢氏の辞意表明には「ただびっくりした」と繰り返し、今後も民主党に連立を含む政策協議を呼び掛けるかどうかについては「今までの話は一応終わった。今後何が始まるか、まだ分からない」と語った。


福田首相と小沢党首のそれぞれの会見でいろいろと食い違う点が見られますが、結局密室での会談が原因なんだと思いますね。







本文はこちらから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071105-00000063-jij-pol