間違いなくアンチ巨人が増えるでしょう。昔から巨人は外国人選手の獲得が下手なので日本で実績を積んだ外国人選手を、高額な年棒で他球団から引っ張り込むという戦法なんでしょうか?


日本一奪回を目指す巨人が、ヤクルトを退団したアレックス・ラミレス外野手(33)を獲得すること決定的となったそうです。


2年総額12億円が基本線とみられ、細部の詰めの作業を行っている。5日には横浜を退団したマーク・クルーン投手(34)の獲得を発表したばかり。守護神に続き、懸案事項だった右の大砲も手に入れようとしており、戦力補強は着々と進んでいるみたいです。


巨人は自軍だけ強ければそれでいいと考えているんでしょうね。日本プロ野球の人気がますます低迷する予感がします。日本プロ野球界の未来が心配です・・・





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071207-00000000-spn-spo