パトカーに追跡された軽自動車が、信号待ちしていた乗用車に正面衝突し軽自動車の運転者が死亡したそうです。逃げたのは無免許だったからのようです。



12日午前1時20分ごろ、三重県松阪市大黒田町の国道42号の交差点で、同県多気町、水道会社員林正徳さん(34)の軽乗用車が、信号待ちしていた同市久保町、会社員口元一正さん(53)の乗用車に正面衝突、林さんは胸を強く打って間もなく死亡したそうです。


口元さんも胸を強く打って重傷。


県警松阪署の調べでは、林さんが交差点の約1キロ手前で、右折禁止の違反をしたのをパトカーが見つけ、停止を求めたが逃走。パトカーはサイレンを鳴らし約600メートル追跡したが、見失ったそうです。


林さんは2002年に免許取り消しの処分を受けていたそうです。
同署は「適正な追跡だった」としているようです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080112-00000403-yom-soci