本当に面白いドラマならば放送時間帯に関係なく支持されることが証明できたのではないでしょうか。1月26日に放送された、岡田准一主演のフジテレビ系深夜ドラマ『SP(エスピー)』最終回の視聴率が18.9%と、ここ数年の深夜ドラマとしては最高を記録したそうです。


春にはスペシャル版がゴールデンタイムに放送されることが決定したそうです。スペシャル版でも視聴率がよかったら、ゴールデンタイムでの新作や映画化などになっていく予感がしますね。



岡田准一は、「皆さまに観ていただいたおかげで、スペシャルになることができました」と喜びを語ったそうです。


そもそも深夜枠だからどうこう論じるよりも、直木賞作家の金城一紀氏が脚本を書き下ろし、キャスティングや本格アクションや撮影技法にこだわり抜いて制作されたドラマ自身の“質”の高さが、多くの視聴者を引き付けた結果の数字と受け止めるほうが適切かもしれないとの意見もあります。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080128-00000006-oric-ent