社会保険庁が年金記録問題でまたしてもミスを犯しました。もういい加減にしろ!って言いたくなりますよね。年金記録問題はいつになったら収束するのでしょうか?


コンピューターに未入力の古い厚生年金記録1430万件などの手書き台帳からの書き写し作業で、昨年12月に派遣会社から派遣された中国籍などの外国人約50人がミスを連発し、社保庁が途中で全員の作業を打ち切ったそうです。
  

30日の民主党の会合で社保庁が説明したようです。この作業のため、社保庁は派遣社員ら約1300人を集め作業を開始。人材派遣大手「フルキャスト」(東京都)は外国人約50人を12月10日から派遣したそうです。


だが、田中昭という名前を「田」「中昭」と書き写すなど、姓と名の区分がつかないミスが多発。社保庁は全員日本人にするよう要望し、1月末までだった派遣は12月20日で打ち切ったそうです。誤記された記録は修正したようです。


社保庁は「ミスのあった記録件数は分からない。派遣会社からは、テストした優秀な人を選んだと説明があった」と釈明。


フルキャスト広報室は「全員、日本国内の定住者か留学生で、漢字の読み書きはできた。このような結果になり申し訳ない」と話しているようです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080130-00000146-mai-soci