北海道せたな町で起こった小学校職員女性殺害事件は、同僚の臨時職員の犯行でした。殺害動機などは現在調査中らしいですが、犯人がすぐに捕まってよかったですね。


31日午前8時5分ごろ、北海道せたな町瀬棚区島歌の町立島歌小(伊藤良美校長、児童14人)のボイラー室で、近くに住む同小臨時職員、田村亜衣子(あいこ)さん(24)が胸などから血を流して死んでいるのを教頭(45)が発見、110番通報したそうです。


道警せたな署は同じ臨時職員の男(21)が殺害を認めたため、殺人容疑で逮捕状請求の手続きに入ったようです。



調べでは、ボイラー室は校舎1階にある。外部から侵入した形跡がないため、顔見知りが関与した可能性が高いとみて捜査。男の自宅にあった乗用車から血痕が見つかり事情を聴いていたようです。


田村さんは毎朝午前7時に出勤していたが、姿がなかったため教頭が捜したところ、ボイラー室であおむけに倒れていたそうです。


胸2カ所を刺されており、頭にも殴られたような跡があった。現場の状況から物を取りに行って殺害されたようです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080131-00000128-mai-soci