中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、小売店からのクレームによって「ジェイティフーズ」大阪支店に返品になっていたギョーザの6つのパッケージの外側から有機リン系殺虫剤メタミドホスが検出されたそうです。


いったいどの時点で殺虫剤が付けられたのでしょうか。中国にあるときに付けられたのかまたは日本に輸入されてから付けられたのか?流通ルートの確認中だそうです。



中国製冷凍ギョーザを食べた兵庫県高砂市の親子3人が中毒になった事件で、県警は3日、輸入商社「双日食料」(東京都港区)から回収した同じ製造日(昨年10月1日)の「中華deごちそう ひとくち餃子」6個のパッケージの外側から、有機リン系殺虫剤メタミドホスを検出したそうです。


高砂市と千葉県で起きた中毒事件の商品以外からの検出は初めて。県警は流通ルートの確認を急いでいるそうです。


6個は小売店から「表面が液体でベトッとしている」とクレームがあり、昨年12月28日に輸入元の「ジェイティフーズ」大阪支店に返品されたそうです。


1月8日に双日食料に持ち込まれたという。高砂市の事件の商品と同じ製造日の商品を探していた県警が3日未明に回収し、鑑定していたそうです。



6個はいずれも未開封。うち1個はパッケージ表側の左上部分に直径約1ミリの穴が開き、穴は裏面に突き抜けていたそうです。


トレーには穴はなかった。ギョーザやトレーなどの鑑定結果は出ていないようです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080203-00000019-mai-soci