未開封の冷凍ギョーザのパッケージ内側からメタミドホスが検出されたそうです。結果的に中国で殺虫剤を混入されたことが確実になったようです。犯人を見つけるに犯人になったつもりでギョーザ製造過程のどのタイミング混入が可能かを考えればいいと思いますがどうでしょうか?


ギョーザよりもパッケージの袋に殺虫剤が付着していたことから、袋の製造工場や袋の管理状態も詳しく調べていることでしょう。


中国製冷凍ギョーザの中毒事件で兵庫県警は7日、大阪府枚方市の小売店から返品された冷凍ギョーザ11袋のうち新たに2袋から、有機リン系殺虫剤メタミドホスを検出したそうです。


ともに未開封で、1袋はパッケージの外側だけに付着。もう1袋は内側からも検出し、パッケージに穴はなかったそうです。


一連の事件で、完全に密封状態のパッケージの内側からメタミドホスを検出したのは初めて。中国での製造過程で混入したことが確実になったようですね。 



枚方市のスーパー「ハッピース枚方」が昨年12月28日、「外側がベトッとしている」として輸入元のジェイティフーズ大阪支店に返品した「中華deごちそう ひとくち餃子」11袋のうちの2袋。


輸入商社の双日食料(東京都港区)が1月9日、民間検査機関に検査を依頼。検査機関は開封せずに外側だけを調べ、同18日に「リンの成分を検出」と報告したそうです。

兵庫県高砂市の事件のギョーザと同一製造日(昨年10月1日)のため、同県警が今月4日に回収し、鑑定していたようです。



その結果、2袋とも外側からメタミドホスを検出。密封状態の1袋は内側からも検出したそうです。


外側のみ検出した袋は、表側の下部に直径0.2ミリ程度の穴が開いていた。2袋ともギョーザやトレーからは検出しなかったそうです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080207-00000123-mai-soci