名古屋市中村区のホテル「キャッスルプラザ」にあるらせん階段の3階吹きぬけの部分から生後7ヶ月の乳児が転落して死亡する事故が起きました。なんとも痛ましい事故ですね。4階から3階に降りるときにこの赤ちゃんがぐずってその拍子に転落事故が起きたようです。


23日午後4時40分ごろ、名古屋市中村区名駅4のホテル「キャッスルプラザ」で、同市緑区滝の水4、会社員、本多秀次さん(27)の長女、悠愛(ゆめ)ちゃん(7カ月)が母親(24)に抱かれて吹き抜けのらせん階段の4階から3階に下りる途中、階段の手すりを越えて約14メートル下の地下1階に転落したそうです。


悠愛ちゃんは病院に運ばれたが、全身を強く打っておりまもなく死亡したそうです。愛知県警中村署が詳しい事故原因を調べているそうです。


調べでは、本多さん夫婦は悠愛ちゃんを連れて同ホテルで開かれた友人の結婚式の披露宴に出席したそうです。


事故当時、悠愛ちゃんは母親の右腕に抱かれていた。階段を下りる途中で悠愛ちゃんがぐずり出し、階段の手すり(高さ約1メートル)を越えて転落したらしい。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080223-00000109-jij-soci