インフルエンザのウイルスも進化しているようです。インフルエンザに効くとされているタミフルが効かない「耐性ウイルス」が横浜の小学生から検出されていたようです。耐性ウイルスが広がらないことを祈ります。


横浜市内の小学校などで1月末、抗インフルエンザ薬タミフルが効かない「耐性ウイルス」が5人から検出されていたことが横浜市衛生研究所の調査で分かったそうです。

集団感染とみられ、耐性ウイルスによる集団感染が確認されたのは国内初。


同研究所によると、横浜市内の同じ区内で1月28日、8〜13歳の男女5人から耐性ウイルス(Aソ連型)が検出されたそうです。


3人は同じ小学校に通い、残りの2人は同じ医療機関を受診していたようです。


全員がタミフル服用前だったため、服用により患者の体内でウイルスが変異したのではなく、耐性ウイルスによる小規模集団感染があったとみられるそうです。


世界保健機関によると、今季日本での耐性ウイルスの検出率は5%だが、ノルウェーで66%に上るなど、欧州での広がりが懸念されている。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080228-00000085-mai-soci&kz=soci