残虐な犯行を犯してしまったので死刑の判決も当然だと思います。意識のある人間に灯油をかけて火をつけ殺害するというのは、悪魔のような仕業だと思います。



静岡県三島市で2002年、女子短大生(当時19歳)が焼き殺された事件で、殺人罪などに問われた元建設作業員、服部純也被告(36)の上告審判決が29日、最高裁第2小法廷であったそうです。


古田佑紀裁判長は「意識のある人間に火をつけて殺すという残虐な殺害方法などからすれば死刑はやむを得ない」と述べ、服部被告の上告を棄却したそうです。服部被告を死刑とした2審・東京高裁判決が確定するようです。


判決によると、服部被告は02年1月、帰宅途中の女子短大生を車内に押し込み暴行。さらに、粘着テープで女子短大生の両手首を縛り、灯油をかけて、ライターで火をつけて殺害したそうです。おそろしく残虐な犯行ですね。



弁護側は「過去の死刑基準に比べて不当に重い」と死刑回避を求めたが、判決は、服部被告が強盗傷害罪などで服役し、仮釈放からわずか約9か月後に今回の犯行に及んだ点を挙げ、「犯罪傾向は凶悪化しており、改善更生の可能性に乏しいことは明らか」と、退けたそうです。


情状酌量の余地が全くないと判断されたのですね。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080229-00000042-yom-soci