「花より男子」の映画が6月に公開されますが、香港とラスベガスでゴージャスな海外ロケが行われたそうです。豪華クルーザーを借り切っての撮影や、インターコンチネンタルホテルの最高級スイートルームを使っての撮影などお金を相当かけているそうです。


女優の井上真央(21)、嵐の松本潤(24)らが出演する人気ドラマシリーズの映画化「花より男子(だんご) ファイナル」(6月28日公開、石井康晴監督)の海外ロケがこのほど、香港と米ラスベガスで行われたそうです。


香港では豪華クルーザーや高級ホテルの客室を借り切ってのゴージャスな撮影。総移動距離2万5000キロを駆け抜けた出演者は、スケールアップした同作に自信を見せているそうです。


“花男”らしいゴージャスな海外ロケのようです。11日〜16日まで撮影された香港では、1日150万円かかるクルーザー「AQUA LUNA」を2日間レンタル。


また、1泊130万円のインターコンチネンタルホテルの最高級スイートルームを使用。広さ630平方メートルあり、屋外プールにバルコニー付きという豪華さだ。


クルーザーのシーンでは、ヒロインの牧野つくし(井上)や、道明寺司(松本)ら御曹司4人組の「F4」が勢ぞろい。ドラマや原作コミックが香港で人気のため、ビクトリア港にはファン200人が殺到。撮影後にバスへ乗り込む出演者がもみくちゃにされたそうです。


映画は道明寺がつくしとの結婚を宣言し、結納の席で100億円のティアラをつくしに贈るが、謎の男に盗まれてしまう。2人はティアラを取り返そうと、小栗旬(25)、松田翔太(22)、阿部力(26)らF4メンバーと香港、ラスベガスを駆けめぐるお話のようです。








本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080229-00000096-sph-ent