パイレーツの桑田真澄投手がオープン戦で登板して1回を1安打無失点と好投したそうです。メジャー再昇格して欲しいですね。


フィリーズ戦の六回に4番手で登板。対戦したのは、昨年のナ・リーグ東地区を制した超重量打線のクリーンアップだったそうです。


「いいバッターと対戦できて楽しかった」。1安打1四球でも無失点なのだから、笑みがこぼれたそうです。


まず、アットリーをフルカウントから二ゴロに打ち取ったそうです。外角へのシュートを引っ掛けさせた1球に「理想の投球だった」と満足していたそうです。


昨季47発のハワードには中前打を浴び、バレルにも四球を与えてピンチを背負ったものの、後続2人にフライを打たせ、弾むような足取りでベンチに戻ったそうです。


次回は5日のタイガース戦の予定。「毎日燃え尽きるように頑張ります」。弱投パイレーツといえども、開幕メジャーへの空席は3つしかないそうです。1試合1試合が勝負の場なので次回も好投を期待しましょう。“



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080304-00000073-jij-spo