松井秀喜選手の大活躍でヤンキースが連敗を止めました。5番指名打者での出場で4回の第2打席で2ランホームランを打ちました。これが決勝点となってヤンキースが2−0でレイズに勝ちました。松井選手も指名打者が慣れてきたんでしょうね。これからの活躍にも期待しましょう。


米大リーグ、ヤンキースの松井秀喜は7日(日本時間)、本拠地ヤンキー・スタジアムでレイズとの4連戦第3戦に、今季初の「5番・指名打者」で先発出場し、第2号2ランを含む猛打賞をマークしました。

一方、レイズの岩村明憲は「1番・セカンド」で先発出場したが、無安打に終わった。ヤンキースが2−0で完勝し、連敗を2で止めました。


松井の第1打席はセンター前ヒット。続く4回1死二塁での第2打席、真ん中に入ったチェンジアップをとらえてライトスタンドへ2ランを放ちました。


第3打席は見逃し三振。第4打席はライト前ヒット。この日は4打数3安打1本塁打2打点、打率は3割5分。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080407-00000004-spnavi-base