野村証券の企業情報部に在籍していた中国人男性社員が、業務上知り得た事実を利用して株取引を行ういわゆるインサーダー取引で4000万円の利益を稼いでいたそうです。野村証券といえば一流の証券会社ですから頭脳優秀な人がたくさんいるんでしょうが、モラルの低い社員もいるんですね。バレないと思ってやったんでしょうか?
とんでもないおバカさんですね。



野村証券の社員が、東証2部上場の富士通子会社など2社の内部情報をもとにインサイダー取引を行っていた疑いが強まり、証券取引等監視委員会は22日、社員ら3人に対し、証券取引法(現金融商品取引法)違反の疑いで、強制調査に乗り出し、事情聴取を始めたそうです。



監視委は同日、関係先十数カ所を捜索し、併せて東京都中央区の野村証券本社などを任意で調査したそうです。


関係者によると、3人は野村証券の企業情報部に在籍していた中国人の男性社員(30)や、京都大に同時期に在学していた知人の中国人と口座を貸したとみられるその親族のようです。



社員らが買い付けたのは、この2銘柄を含め野村がM&Aの企画・提案をするなどした計21銘柄に上り、約4000万円の利益を得ていたそうです。






本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080422-00000055-mai-soci