60歳代の男性で、前立腺がんではないのに前立腺の全摘出手術をされた人がいるそうです。医療ミスかと思いきや、検査報告書の取り違いが原因でガンじゃないのに誤ってガンと診断されたそうです。取り違えられたもう一人の方は大丈夫なんでしょうか?


本当はガンなのにガンではないと診断されたんではないでしょうか?そちらのほうも大変ですよね。ガンが進行していて命にかかわる事態になっていたらどうするんでしょうか?


佐賀大学医学部付属病院(佐賀市)は29日、60代男性のがんではない前立腺を全摘出する手術をしたと発表したそうです。


別の患者の検査報告書を基に、誤ってがんと診断した可能性があるとして、2人の病理組織診断を行い報告書を作成した検査会社に事実関係についての調査を依頼したそうです。


付属病院によると、別の医院で前立腺がんと診断された60代男性が昨年11月、付属病院を受診したそうです。


医院での所見や、医院から依頼され病理組織診断を行った検査会社の報告書から、付属病院もがんと診断し、1月に全摘出手術を行ったそうです。 



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080529-00000178-jij-soci