競輪選手が公道で練習中に緩い左カーブでバランスを崩してしまい転倒したそうです。頭の骨を折ったそうです。重傷ではありますが命に別状はないそうです。しばらく安静が必要ですね。


11日午後1時25分ごろ、千葉県印西市別所の市道で、乗用車にゴムロープで牽引(けんいん)された自転車に乗り、練習中だったA級競輪選手の小島博幸さん(44)=同県野田市山崎=が、緩い左カーブでバランスを崩して転倒したそうです。


頭の骨を折るなどの重傷を負ったそうです。命に別条はないそうです。印西署が事故原因を調べているそうです。


調べでは、小島さんは同日昼過ぎから公道での練習を開始。ロープで車と自転車を結び、ペダルをこがない「クールダウン」の状態で引っ張られていた際にバランスを崩したそうです。時速は約30キロ出ていたが、ヘルメットはかぶっていなかったそうです。


乗用車はハッチバックタイプで、小島さんの妻(44)が運転。後部ドアを開けた状態で、荷台の錠付近と自転車の前部にロープをくくり付け、間を約2メートルあけて走行していたそうです。


ロープは幅約2センチ、厚さ約3ミリで伸縮性があるそうです。
小島さんは約1年前から、公道での練習を週1、2回行っていたそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080611-00000943-san-spo