テレビ宮崎の柳田哲志アナウンサーが、尻相撲大会の生中継中に、頚椎(けいつい)骨折などの重傷を負い当初全身麻痺状態と報道されていましたが、すでに両手が動くまでに回復しているそうです。入院、リハビリと大変でしょうががんばってください。


宮崎県高千穂町で14日に行われた尻相撲大会の生中継中に、頚椎(けいつい)骨折などの重傷を負ったテレビ宮崎の柳田哲志アナウンサー(40)について、同局は16日、「両手も動くようになり快方に向かっている」と話したそうです。


同局によると、柳田アナは15日に手術。「個人情報なので」と詳細は明かしていないが、生命に別条はなく意識もはっきりしているそうです。


集中治療室(ICU)に入っているが、すでに両手が動くまでに回復しているそうです。

 
柳田アナは14日午後、「どろりんピック2008」の尻相撲大会に飛び入り参加し、発泡スチロール製の土俵から水深約10センチの水田に頭から突っ込んだそうです。


「どろりんピック」の取材は初めてで、尻相撲も初体験だったそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080617-00000008-sph-soci