20年前の1988年〜89年に発生し日本社会中に衝撃を与えた連続幼女誘拐殺人事件の宮崎勤死刑囚の死刑が執行されたそうです。事件が起きてから20年経って刑が執行されました。裁判も長い時間かけて行われ、結局詳しい動機や背景を語ることなく2006年2月に死刑判決が確定してから2年4ヶ月で死刑が執行されたそうです。


法務省は17日、88〜89年に東京都と埼玉県で起きた連続幼女誘拐殺人事件の宮崎勤死刑囚(45)=東京拘置所収容=の死刑を執行したそうです。


80年代末の日本社会に衝撃を与えた同事件の発生から丸20年も経ちました。宮崎死刑囚は捜査や公判で不可解な供述を繰り返し、詳しい動機や背景を語らないまま、06年2月の判決確定から2年4カ月で死刑が執行されたようです。



殺人罪などで起訴された宮崎死刑囚は公判で「夢の中でやったような感じ」「ネズミ人間が出てきて怖くなった。もう一人の自分が急に現れて、手を出した」などと述べ、責任能力が最大の争点となりました。


1審での精神鑑定は(1)人格障害だが完全な責任能力がある(2)多重人格で責任能力は限定的(3)統合失調症で責任能力は限定的−−の3通りに分かれる異例の展開になったが、1、2審、上告審とも完全責任能力を認めたそうです。


最高裁は「殺人の主たる動機は性的欲求や、死体等を撮影して自分だけの珍しいビデオテープを持ちたいという収集欲に基づく」と指摘したそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080617-00000001-maip-soci