広末涼子が週刊誌『女性セブン』を発行している小学館を名誉毀損で訴えていた訴訟判決があり、東京地裁は訴えを認め120万円の支払いを命じたそうです。


週刊誌「女性セブン」の記事で名誉を傷付けられたとして、女優の広末涼子さん(27)が発行元の小学館などに慰謝料など約2400万円の支払いを求めた訴訟の判決が17日、東京地裁であったそうです。

須藤典明裁判長は名誉棄損を認め、計120万円の支払いを命じたそうです。


問題となった記事は「女性セブン」平成19年3月22日号に掲載され、広末さんの交友関係を報じたそうです。


須藤裁判長は記事を「一般人なら公開されることを望まない私的な事柄」として、プライバシーの侵害に当たると認定したそうです。


その上で「著名人だからといっても、私的な記事の掲載が公共の利益に貢献するものではない。真実かどうかを判断するまでもなく、名誉棄損が成立する」と判断したそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080617-00000963-san-soci