ゆうこりんがオーナーの「焼肉小倉優子R176号西宮北店」でボヤ騒ぎがあったそうです。たばこの吸殻をゴミ箱に捨てたときに中の紙に引火した可能性が高いそうです。たばこの吸殻を捨てるときには十分な注意が必要ですね。


タレント小倉優子(24)がオーナーを務める兵庫県西宮市のチェーン店「焼肉小倉優子 R176号西宮北店」でボヤ騒ぎがあったそうです。

西宮市北消防署山口分署によると、ボヤ騒ぎは15日午前5時20分ごろ。同店の前を通りかかった近所の男性から「店内で警報が鳴っている」と119番通報があったそうです。


消防車1台と隊員4人が現場に急行。店内で警報が鳴っていたが、煙や火の気が確認できなかったため、同店関係者の到着を待って店内に入ったそうです。


点検の結果、事務所兼従業員控室のコンクリートの床に合成樹脂製のゴミ箱(縦20センチ、横30センチ、高さ45センチ)が燃えた跡があったそうです。室内には木製のイスなどがあったが、ゴミ箱は離れた位置にあったため、延焼はなかったそうです。


15日は午前4時まで営業。同店のマネジャーが午前4時半ごろ、店を出る際、控室を点検したが火の気はなかったそうです。


控室は喫煙ができ、灰皿があった。営業終了後、従業員が灰皿の吸い殻を清掃のため、ゴミ箱に捨てていたことが分かっており、中の紙などに引火した可能性が高いようです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080621-00000008-nks-ent