倖田來未が「エイベックス」の株主総会でライブを行い、株主たちからの暖かい声援に感極まって号泣したそうです。


大手エンターテインメントグループ「エイベックス」の株主総会が22日、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)で開かれたそうです。


国内史上最大規模となる8910人の株主が出席したそうです。総会後、所属歌手による競演ライブが行われ、倖田來未(25)が歌唱中に泣きだすハプニングもあったそうです。


「羊水発言」問題での対応を最もシビアに見てきた株主たちから声援が送られ、感極まって号泣したそうです。


午後4時半ごろ、1曲目を歌うと「皆さんこんばんは。あっ!まだこんにちは?」と最初のあいさつから少し緊張気味だったそうです。「あらためまして倖田來未です。こういった場所で歌えることをうれしく思います」と続けたそうです。


2曲目の最新曲「Moon Crying」については「私の内面が入っている曲」と紹介したそうです。


製作したのが“羊水発言”で批判を受けていた時期で「家でカーテン越しに月を見てきれいだなと思った時、ああそういうことを忘れていたなと。きっとそうやって大切な何かを忘れていたのではないかと。いろんなことを再認識する時間でした」と振り返ったそうです。



そして歌い始め、サビに入る直前では目が潤みっぱなしだったそうです。ついには声を震わせ、大粒の涙をこぼしながらの歌唱となったそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080623-00000046-spn-ent