女優の真矢みき(44)に結婚を誓った恋人がいるそうです。お相手は、バレエダンサーの西島千博(かずひろ=36)で、2002年の舞台共演が出会いだそうです。


昨年夏から交際をスタートさせ、大人の愛をはぐくんできた。年内は2人とも仕事が詰まっており、早ければ年明けにも婚姻届の提出となるそうです。


宝塚歌劇団の花組トップスターから女優に転身してちょうど10年。舞台、映画、ドラマにと幅広く活躍する真矢が、私生活でも至福の時を迎えようとしているそうです。

 
作家・北方謙三氏(60)の原案・原作をもとにバレエで描かれた02年の舞台「スターダストin上海」にダブル主演したのが運命の出会いだそうです。


その際は愛に発展することはなかったが、昨年夏に共通の知人の食事会で再会してから交際が始まった。


観劇したり、食事をしたり、互いの家を訪問しあったりの“いい関係”が続き、今年3月に西島が事実上のプロポーズしたそうです。



結婚を前提にした真剣交際を申し込み、真矢も応えた形だ。5月に格言集「願えばかなう!」(小学館)の発売記念イベントで「人並みにいい恋はしてますよ」と真矢がのろけていたのは、西島の存在があったからだそうです。


宮崎県のダンス一家に生まれた西島は祖母が創立したスクールで3歳から母にクラシックバレエの手ほどきを受け、めきめきと頭角を現していったそうです。


90年にはフランスに渡り、91年のカルボー賞国際バレエコンクールで男性シニア部門第1位を獲得するなど輝かしい実績を誇っているそうです。



帰国後は俳優業にも進出しドラマ「池袋ウエストゲートパーク」(00年)などに出演しました。2年前からフリーとして活動しているそうです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080701-00000045-spn-ent