C-1グランプリ2008が開催されるそうです。コント日本一決定戦だそうです。漫才日本一がM-1、ビン芸日本一がR-1それに続くお笑い界のビッグイベントになりそうです。司会はダウンタウンだそうです。審査員が誰になるのかとても楽しみですね。


吉本興業が、コント日本一決定戦「オロナミンC キングオブコント2008」(通称・C-1グランプリ2008)を開催するそうです。


優勝賞金は1000万円。参加資格は2人以上のユニットでプロ、アマを問わず芸歴制限もなく「とにかく面白いコント芸」が審査基準だそうです。


決勝は10月に行われ、ダウンタウンが司会を担当、全国中継される。漫才の「M-1」、ピン芸人の「R-1」に、「C-1」が加わり、お笑い界の3大イベントとして定着することになりそうですね。




お笑い界にまた一つ、ビッグイベントが誕生するそうです。「C-1」は19日には東京で1回戦をスタートします。


その後大阪、名古屋、福岡、広島、札幌の全国6都市で予選が行われ、10月の決勝戦(日時未定)まで3カ月にわたって熱いガチンコバトルが繰り広げられるそうです。


2001年に若手漫才日本一決定戦「M-1グランプリ」が発足しました。翌02年にはピン人日本一決定戦「R-1ぐらんぷり」がスタートしました。


大会の視聴率も毎年アップし、優勝者はメディアに大きく取り上げられます。今後はコントで活動するコンビやグループにも“スターへの道”は開けることになるようです。



3日から1組2000円のエントリーフィーで、31日まで出場を受け付けるそうです。


どんな出場者が来るのかは関係者も「まったく予想がつかない」という状態だそうです。ただ、最近の若手のお笑いは漫才よりもコントが主流で、かなりの激戦が見込まれるそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080703-00000002-dal-ent