キムタクがドラマ『CHANGE』で演じる朝倉首相と福田首相を比較した報道がアメリカのウォールストリート・ジャーナルでされたそうですが、比較するとになんの意味があるんでしょうか?その報道に対して、町村官房長官が「木村さんと比べたら日本の政治家の誰もが負けますよ」ってこの発言もいまいちよく理解できませんね。


町村信孝官房長官は2日の会見で、1日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルがテレビドラマ「CHANGE」(フジテレビ系)で首相役を演じる木村拓哉さんと福田康夫首相を比較した報道に反論したそうです。



同紙はドラマで活躍する首相を紹介する一方、「福田首相の控えめな政治スタイルが国民をいら立たせている」「日本は社会保障制度の立て直しが求められているが、行動を起こさない首相の下、迷走を続けている」などと酷評したそうです。


これに対し、町村氏は福田首相が消費者庁の新設に道筋を付けたことなどを挙げ、「一見ひょうひょうとした物言いをするが、実は大変情熱的な方だ」と持ち上げたそうです・・・




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080703-00000073-san-pol