京極夏彦の『魍魎の匣』が初めてアニメ化されるそうです。放送局や声優キャストなどは未定だそうです。キャラクター原案を人気マンガ家集団「CLAMP」が担当し、「デスノート」などを手がけたマッドハウスが制作するそうです。




「魍魎の匣」は、9冊で累計500万部のベストセラーになった京極さんの人気シリーズ「百鬼夜行」の第2作として95年に出版され、日本推理作家協会賞を受賞しました。


昨年には堤真一さん主演で映画化もされました。


美少女のバラバラ殺人事件が世間を騒がせている戦後間もない東京を舞台に、古本屋「京極堂」店主で“拝み屋”の顔も持つ中禅寺秋彦、探偵の榎木津礼二郎らが「匣」をめぐる奇怪な事件に巻き込まれていくそうです。



監督は「デスノート」の絵コンテや演出を手がけた中村亮介さん、シリーズ構成は村井さだゆきさん。声優キャストや放送局などは今後発表されるそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080710-00000003-maiall-ent