財務省は、明治以降に発行された近代金貨のうち政府が保有していた3万2680枚をすべて売却し、計57億3931万円の売り上げがあったと発表したそうです。


最高値を付けたのは1880(明治13)年に発行された旧2円金貨で、売却額は1枚で3210万円だったそうです。


収益は全額、国の一般会計に計上され、国の歳入不足を補うそうです。



売却したのは1870(明治3)年から1932(昭和7)年に発行された額面1、2、5、10、20円の金貨。戦後、連合国軍総司令部(GHQ)に接収されていたが、52年のサンフランシスコ講和条約の発効と同時に政府に返還されたそうです。


その後、約半世紀にわたり財務省が保管してきたが、財政再建の一環として放出を決定したそうです。


2005年から競売会やインターネットを通じ売却を進めてきたそうです。


最高値となった明治13年の旧2円金貨は、87枚しか発行されなかった「幻の金貨」だそうです。


政府の放出品は傷や光沢の劣化がほとんどなく、オークションの結果、事前の落札予想価格2000万円を大幅に上回る価格で競り落とされたそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080710-00000077-mai-bus_all