41歳の中学校教諭が学年集会に遅刻してきた2年生83人をゲンコツで殴り、そのうち7人の頭にタンコブができたそうです。タンコブができるほど強く殴っちゃまずいですね。男性教諭は「行き過ぎた指導だった」と、保護者らに謝罪したそうです。
熱血教師なのか暴力教師なのかよくわかりませんね。いずれにせよ体罰は厳禁だと思います。


愛媛県宇和島市の市立中学校の男性教諭(41)が、学年集会に遅刻した2年生の男女83人全員の頭をゲンコツで殴っていたそうです。


うち生徒7人の頭にコブができ、男性教諭は「行き過ぎた指導だった」と、保護者らに謝罪したそうです。

 
学校側によると、男性教諭は今月3日、2年生の生活態度について指導するための学年集会で、生徒が集合時間に7分遅れたことに腹を立て、全員を正座させたうえ、一人ずつ順番に殴ったそうです。


ほかの教諭6人が制止しようとしたが、止められなかったそうです。では、見ていただけなんでしょうか?

 
同中学の校長は「情熱的な指導の教諭だが、生徒に痛い思いをさせてしまい申し訳ない。再発防止に努めたい」と話しているそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080711-00000016-yom-soci