大分県教員採用汚職事件で逮捕された矢野哲郎容疑者(52)の長女の小学校教諭(23)が辞職したそうです。この長女は何も知らなかったそうなので本当にそうだとしたらこの人もある意味被害者ですね。実力ではなく不正な手段によって採用されたと知ったときは本当にショックだったでしょう。


大分県の教員採用汚職事件で、贈賄容疑で再逮捕された元県教委義務教育課参事矢野哲郎容疑者(52)の長女の小学校教諭(23)が辞職届を出し、23日、県教委に受理されたそうです。


一連の事件で、不正採用が明らかになった教員の辞職は初めてだそうです。



 
辞職届には「迷惑をおかけしている。沈静化と教職員への信頼回復を望む」などと記されていたそうです。


不正については「知らなかった」とし、退職辞令を受けた教諭は涙を流したそうです。


 
矢野容疑者は妻とともに、長女が受験した2007年度の採用試験で便宜を図ってもらった謝礼などとして、元教育審議監の二宮政人容疑者(61)=収賄容疑で逮捕=ら2人に各100万円分の商品券を渡したそうです。


 
県教委は不正が確認された場合、採用を取り消す方針を決めているそうです。


しかし、確認には時間がかかるとされ、今回は「混乱の収拾を優先」する形で辞職を認めたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080724-00000011-nnp-l44