朝日新聞がコラムの中で法相として計13人の死刑執行を指揮した鳩山邦夫氏を「死に神」と表記した問題で、質問を受けていた「全国犯罪被害者の会」(あすの会)に
「適切さを欠いた表現だった」と謝罪したそうです。鳩山邦夫法相に謝ったわけではないんですね。



朝日新聞が夕刊1面コラム「素粒子」で法相として計13人の死刑執行を指揮した鳩山邦夫氏を「死に神」と表記した問題で、朝日新聞社は1日、質問を受けていた「全国犯罪被害者の会」(あすの会)に、「適切さを欠いた表現だった」などと文書で回答したそうです。


あすの会は「謝罪と受け止めている」としており、コラム掲載から1カ月余りを経て、問題は終結することになったそうです。

 
あすの会はこれまで、6月25日のほか、計3回質問状を送り、死に神の意味を問いただしてきたそうです。


朝日は3度目の回答で「(鳩山氏の)執行命令を批判するつもりはなく、13人の死刑が多いと言っているのではありません」とコラムの趣旨を説明したそうです。


その上で「犯罪被害者遺族をはじめ多くの方々からのご批判を踏まえたとき、適切さを欠いた表現だったと言わざるを得ない」と謝罪したそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080801-00000948-san-soci