やっぱり宮崎駿のアニメはすごいですね。『崖の上のポニョ』が公開からわずか31日間で早くも興行収入100億円を突破したそうです。映画の内容については賛否両論ありますが、子供には大人気のようです。



大ヒットを記録した前作『ハウルの動く城』以来4年ぶりに宮崎駿監督が手掛けた心温まるファンタジー『崖の上のポニョ』が公開からわずか31日間で早くも興行収入100億円を突破したそうです。


日本の映画興行収入で100億円を突破したのは、昨年の『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』以来のことだそうです。ジブリ作品としては、『ハウルの動く城』以来の快挙となるそうです。


 
この31日間で100億円突破の記録は、『千と千尋の神隠し』の25日間には及ばなかったものの、『ハウルの動く城』の33日、『もののけ姫』の43日を上回るハイペースとなったそうです。


 
本作の興行は公開5週目に入ってもその勢いが衰えることなく、子どもから大人まで幅広い層を取り込み、リピーターも続出しており、今後の伸びも期待できるそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080819-00000018-flix-movi