星野ジャパンで日本代表の4番を勤めた阪神・新井貴浩内野手が「6月中旬ごろから骨折していたと思う。」と衝撃の告白をしました。それならば、北京に行く前に言って日本代表を辞退すればよかったのにと誰もが思うでしょうね。新井貴浩の責任感の強さからなんでしょうか?



北京五輪日本代表で4番を務め、帰国後に「第5腰椎(ようつい)の疲労骨折」と診断された阪神・新井貴浩内野手(31)が衝撃の告白したそうです。


27日、西宮市の虎風荘で電気治療を終えると「北京に行って折れたわけじゃない。6月中旬から折れていたと思う。痛みは6月から変わらない」と明かしたそうです。

 
帰国翌日の25日、大阪市内の病院でCT検査を受けた。先月16日のMRI(磁気共鳴画像装置)検査では「左第4、第5腰椎の椎間関節炎」と診断されたが、状態は大きく悪化していたそうです。


腰痛を抱えた状態で9試合にフル出場したことが要因と受け止められても仕方ないですね。


痛みを押してプレーした背景には「ジャパンの4番は新井」と明言していた星野監督への感謝の思いがあったようです。


「トレーナーに“限界を超えているからやめてくれ”と言われていたのを振り切って出場していた。誰が悪いとかはない。自分が一番悪い」と自らの責任とも強調したそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080828-00000000-spn-spo