柳楽優弥(やぎら ゆうや)が薬を大量に飲み急性薬物中毒で救急車で病院に運ばれました。家族と口論したあとに衝動的に薬物を大量に飲んだみたいです。最近体調を崩していてほとんど仕事していなかったそうなので、口論の原因はそこにあるんではないでしょうか。


俳優柳楽(やぎら)優弥(18)が29日午前2時半ごろ、東京都品川区の自宅マンションで、薬物を大量に服用し、近くの病院に搬送されていたことそうです。


急性薬物中毒の症状で、命に別条はないそうです。


関係者によると、家族と口論になり近くにあった薬物を一気に服用したとみられ、自殺未遂の可能性もあるようです。


柳楽は14歳だった04年、映画「誰も知らない」でカンヌ国際映画祭の男優賞を史上最年少で受賞して一躍有名になったが、今年に入ってからは体調を崩し、仕事はほとんどしていなかったそうです。



関係者によると、柳楽は29日未明、東京・品川区内の自宅マンションで、一緒に暮らす家族と口論となり、その反動からか、自宅にあった風邪薬とみられる薬物を一気に飲んでしまったそうです。


大量に服用したことに驚いた家族が119番通報した。口論の内容など詳細は明らかになっていないが、衝動的に薬物を服用し、自殺未遂の可能性があるそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080830-00000006-nks-ent