全国学力テストの結果を受けて、大阪府の結果があまりよくなかったことに対して橋下知事が教育委員会を批判したそうです。「教育委員会には最悪だと言いたい。このザマは何なんだ」と怒り心頭だったそうです。


全国学力テストの大阪府の結果について、府教委や府の関係者からは落胆や怒りの声が相次いだそうです。



橋下徹知事は「教育委員会には最悪だと言いたい。これまで『大阪の教育は…』とさんざん言っておきながら、このザマは何なんだ」と述べ、26日の教育委員との懇談の際と同様、府教委を厳しく批判したそうです。



そのうえで教員の意識改革が必要との考えを示し、「現場の教職員と教育委員会には、今までのやり方を抜本的に改めてもらわないと困る」と注文をつけたそうです。



カセヤマ哲男教育長は「昨年の結果を受け学力向上を喫緊のテーマとしてきたが、改めて大変厳しいと認識した」とのコメントを発表したそうです。


小中学校の放課後無料学習や習熟度別授業推進など新たに取り組む施策の充実を目指すことを強調し、「保護者、子供たちをはじめとする府民の期待に応える教育の実現に全力を尽くす」としたそうです。






本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080830-00000906-san-pol