高価な携帯電話を製造販売する「VERTU」(ヴァーチュ)が12月に日本に上陸するそうです。携帯電話が160万円から500万円するそうです。一番の特徴は、端末の側面についている「コンシェルジュキー」だそうです。ワンプッシュでVERTUコンシェルジュに接続。顧客の要望に、世界中どこからでも24時間体制で応じるそうです。とりあえず1台買おうかな・・・・・なんちゃって!



Nokia傘下の携帯電話メーカー「VERTU」(ヴァーチュ)が、ブランド10周年を記念した新モデル「New Signature Collection」を発表したそうです。


ステンレススチール(160万円)、イエローゴールド(450万円)、ホワイトゴールド(500万円)の3モデルがラインアップされ、同社はこの12月にも日本で発売することを明らかにしたそうです。



VERTUはNokiaに所属する独立部門として2008年に設立された携帯電話メーカーだそうです。


12月にも銀座に旗艦店をオープンする予定で、同店を通じてNew Signature Collectionを発売するそうです。


通信キャリアはNTTドコモ、ソフトバンクモバイルの2社と協議中であるとし、VERTUの特徴であるコンシェルジュサービスについては、提供することのみが決まっており、詳細や料金体系はこれから決定する予定だそうです。






本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080918-00000087-zdn_m-mobi