『仮面ライダー電王』の映画最新作『劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』の完成披露試写会があったそうです。『仮面ライダー電王』として映画3本目になるのは異例のことだそうで、人気の秘密は”モモタロス”のアドリブ演技だそうです。「俺、参上!」と強くて面白いモモタロスは子供たちに大人気だそうです。


若手俳優の佐藤健が25日(木)、都内で行われた映画『劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』の完成披露試写会舞台挨拶に出席したそうです。


今作で仮面ライダー史上初となる同作品による3本目の映画化となったことについて佐藤は、その人気について「(電王を)ここまで導いたのはモモタロス。現場での台本を無視するくらいのアドリブがこういう方向に導いてくれた」と、劇中での相棒“モモタロス”を大絶賛し、本人を照れさせていたそうです。


仮面ライダーシリーズの中では珍しく“コメディ要素”溢れるストーリーで人気を集める同作だそうです。


1万5000通を超える応募者の中から選ばれた500人のファンを前にした佐藤は「周りの人に、マジ良かったよって言って何回も何回も観てください」とアピールしたそうです。


また、同作の監督を務めた金田治氏に、電王シリーズは本当にこれが最後ですか? と質問が飛ぶと「あとは、お客さん次第」と、次回4作目の可能性に期待を持たせたそうです。






本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080925-00000011-oric-ent