また中国製の食品から有害物質が検出されたそうです。トルエンと酢酸エチルが混入していたそうで、このあんを買って食べた男性がめまいを起こし、気分が悪くなったと保健所に訴えたそうです。中国製の食品は本当に恐ろしいですね。


名古屋市中川区のスーパーで9月、袋詰めのつぶあんを買って食べた同区内の男性がめまいを起こし、気分が悪くなったと中川保健所に訴えたそうです。


保健所が残っていたあんを調べ、今月2日に有害物質のトルエンと酢酸エチルを検出したそうです。


あんは静岡県の会社が輸入した中国製で、市は同県を通じてこの会社から商品の輸入時期や流通経路を聴くとともに、農薬などがあんに混入していなかったかどうかも調べているそうです。

 
市によると、男性宅に残っていたあんからは、トルエン0.008ppm、酢酸エチル0.16ppmが検出されたそうです。


また、近くのスーパーで売られていたあんからもトルエン0.008〜0.010ppm、酢酸エチル0.11ppm〜0.28ppmが検出されたそうです。



食べた男性はつぶあんの袋をすぐに捨てたため、どこのスーパーで買ったかは不明だが、同店で購入した可能性が高いそうです。

 
男性は9月25日に保健所に苦情を訴え、入院はせずに回復した。市食品衛生課は検出された物質の量について「微量でただちに命にかかわることはない」としているそうです。







本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081007-00000011-maip-soci