気管チューブを挿入する手術中に、電気メスでのどを切開したときに先に挿入されていた別のチューブが燃えて気道、口内、顔にやけどを負わせ重体になると言う医療事故が起きたそうです。患者さんは76歳の男性で危篤だそうです。



千葉県松戸市立病院(藤塚光慶院長)は10日、急性呼吸不全で入院した市内の男性患者(76)に気管チューブを挿入する手術で、のどを電気メスで切開する際、先に挿入されていた別のチューブが燃え気道や口内、顔に重いやけどを負わせたそうです。


男性は危篤に近い状態だそうです。高温の電気メスが酸素供給中だったポリマー樹脂製チューブに触れたか、接近して発火した可能性があるそうです。

 
病院によると、男性は9日に別の病院から搬送された時、口から気管チューブが挿入されており、人工呼吸器で濃度100%の酸素を必要とする状態だったそうです。


10日午前、救急部の男性医師(27)がのど仏の下から新たなチューブを入れる手術をしたところ、切開部から高さ10センチほどの炎が上がったそうです。


すぐに火を消し焼けたチューブを取り出したが、重いやけどで呼吸不全の症状が悪化したそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081010-00000155-mai-soci