阪神の岡田監督が辞任の意向を固めたそうです。最大13ゲーム差をひっくり返されて優勝を逃がしてしまった責任を取るみたいです。球団側は慰留に努めていますがやはり本人の意思は固いそうです。岡田監督のプライドですね。



プロ野球・阪神の岡田彰布監督(50)が、球団側に辞意を伝えていたことが11日、わかったそうです。球団側は慰留に努めるが本人の意志は固く、今季限りでの退任が濃厚となったようです。


 
岡田監督はリーグ2位が確定した10日夜、南信男球団社長に辞意を伝えたそうです。


選手にも11日の横浜戦(横浜)前のミーティングで報告。レギュラーシーズン最終戦となる12日の中日戦(スカイマーク)の試合前にフロントとの話し合いを行い、その席で正式に退任を申し入れるそうです。

 
今季の阪神は開幕直後から独走。6月には岡田監督の来季続投の方針が固まった。


しかし後半戦に入ってチームは失速、一時は13ゲームも離していた巨人に逆転優勝を許したことで、岡田監督が責任をとる形になったそうです。



クライマックスシリーズ(CS)、勝ち進んだ場合に出場する日本シリーズの指揮は執るそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081012-00000074-san-base