中学校の女性教諭が宿題などを忘れた生徒に『愚か者の誓い』と言うプリント用紙に「私が愚か者でした」などと記入させていたことが発覚して問題になっているそうです。中学生の人権を軽く見ている愚かな教師ですね。自分が愚か者でしたと反省文を書くべきです。



東京都足立区立第九中学校で、数学を担当する2年生の学年主任の女性教諭(52)が授業中、宿題などを忘れた生徒に、「愚か者の誓い」というプリントを渡し、「私が愚か者でした」などと何度も記入させていたそうです。

 
区教委によると、教諭は4年ほど前から、忘れ物をした生徒に「私は、愚かにも(○○○)を忘れました」と書かれたプリントの空欄を埋めさせたうえで、「私が愚かでした。もう○○○を忘れません」と7回書かせていたそうです。


さらに繰り返し忘れる生徒の名前を「○○○未提出の愚か者」として教室内に張り出していたそうです。

 
10月30日、区教委に教諭の行動を問題視する匿名の手紙が届き、教諭に事情を聴いて発覚したそうです。


教諭は「忘れ物をしてほしくないと思って指導した。『ばか者』より『愚か者』という言葉の方がソフトだと思ってしまったが、配慮に欠けていた。反省している」と話しているそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081101-00000024-mai-soci