中学2年生の男子生徒ら4人が小学校の砂場で「砂風呂遊び」をしていて、その中の1人が砂場から立ち上がった後に気分が悪くなりグッタリしてしまい、救急車で病院に搬送されたそうですが、意識不明の重体だそうです。間違って砂を飲み込んでしまったのでしょうか。どんな遊び方をすればこのような事故が起きるのかよくわかりません。


8日午後5時35分ごろ、宇都宮市大谷町の城山中央小学校から、「男子中学生が砂場に埋まってぐったりしている」と119番があったそうです。


消防署員が駆けつけ、校庭の一角にある砂場で倒れていた同市内の中学2年の男子生徒(13)を病院に搬送したが、意識不明の重体だそうです。

 
宇都宮中央署の調べでは、同日午後、同市内の中学2年の男子生徒6人が校庭の砂場に集まり、砂の中に体を埋める「砂風呂遊び」をしていたそうです。


最初は4人が一列になって深さ約70センチの穴を掘って座り、首の部分まで砂をかぶっていたが、1人が砂場から立ち上がった後、気分が悪くなりぐったりとしたため、ほかの生徒が近くにいた小学校の児童の母親に助けを求めたそうです。


同署は一緒に遊んでいた生徒らから詳しい事情を聴いているそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081108-00000549-san-soci