「週刊少年サンデー」の小学館が人気漫画家「金色のガッシュ!!」の作者・雷句誠さんの原画を紛失したために損害賠償訴訟を起こされていた裁判で、和解が成立したそうです。小学館が和解金255万円を支払うそうです。

 
「週刊少年サンデー」で連載された人気漫画「金色のガッシュ!!」の原画を紛失したとして、作者の雷句誠(本名河田誠)さん(34)が小学館に330万円の損害賠償を求めた訴訟は11日、東京地裁(山崎勉裁判長)で和解が成立したそうです。

 
原告側の代理人弁護士によると、和解条項は小学館が原画の紛失を雷句さんに謝罪し、和解金255万円を支払うなどの内容だそうです。
 

紛失したのはカラーで描かれた5枚で、雷句さんは「美術品としての財産的価値がある」と主張していたそうです。


 
雷句さんは同日記者会見し、「価値が認められたのは漫画家にとって大きな一歩だ」と話したそうです。
 



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081111-00000123-jij-soci