ジョンソン元気を出して!「モーニング娘。」の元リーダー飯田圭織の長男が生後6ヶ月の短い生涯を閉じていたそうです。1月に誕生した長男は慢性腎不全のために7月27日に亡くなっていたそうです。


元「モーニング娘。」のリーダーで産休中の飯田圭織(27)が、今年1月に誕生した長男を慢性腎不全のため7月27日に亡くしていたそうです。


所属事務所によると、納骨を終えた9月下旬から今後についてスタッフと検討しているそうです。


来年1月10日のハロー!プロジェクト公演(東京・中野サンプラザ)で復帰する意向で「息子のためにも一生懸命生きていきたい」としているそうです。


飯田は昨年7月7日に元ロックバンド「7HOUSE」のボーカルで会社員のケンジさん(28)と結婚したそうです。


妊娠していたため同年9月から産休に入り、今年1月22日に出産。「抱いた時は何ともいえぬ喜びと感動にあふれ、涙が止まりませんでした」とママになった幸せを明かしていたそうです。


所属事務所によると、長男は出生当初から腎臓を患い、入院加療を続けていたそうです。


そのかいあって4月に退院。しかし、7月27日に体調を崩し、そのまま短い生涯を閉じたそうです。



ショックでしばらく憔悴(しょうすい)しきっていた飯田圭織。ケンジさんや両親、友人の励ましもあって少しずつ元気を取り戻し、納骨を終えた9月下旬から今後について事務所と検討していたそうです。


「明るく前向きに生きていくことが息子にとって一番の供養」と徐々に思うようになり、芸能活動を再開することにしたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081129-00000045-spn-ent