交通事故の被害に遭って救急車に乗ったとしても決して安心はできないんですね。受け入れてくれる救急病院が見つからないと悲劇が起こります。医者不足が問題の根本なんでしょうか。


福島県矢祭町で交通事故に遭った女性が救急車で運ばれた際、6病院に受け入れを断られ、現場から約57キロ離れた須賀川市の公立病院に搬送後、死亡していたことが18日、明らかになったそうです。


いずれも救急指定病院だったが、別の救急患者に対応中といった理由で断られたそうです。


県警棚倉署と白河地方広域市町村圏消防本部によると、死亡したのは矢祭町の高沢ソメさん(79)。17日午後6時20分ごろ、会社員男性(60)が運転する軽自動車が歩行中の高沢さんをはねたそうです。


通行人から119番があり、救急車2台が出動。高沢さんは全身を強く打ち、既に心肺停止の状態だったそうです。


同消防本部は、茨城県の病院を含め6カ所の救急指定病院に電話で計7回受け入れを要請したが、「別の救急患者に対応中」などを理由に受け入れを断られたそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081218-00000076-jij-soci