ジャニーズのリーダー的存在である少年隊の東山紀之が週刊誌の連載コラムで、波乱の生い立ちを告白しているそうです。父親の名前も顔も知らないそうです。ヒガシが結婚しないのは自分が育ってきた環境なんでしょうか。


少年隊の東山紀之(42)が、22日発売の雑誌「週刊朝日」でスタートさせる新連載コラムで、自らの波乱の生い立ちを告白しているそうです。


両親の離婚や幼児期に負った足の大やけどなど、衝撃的な過去を淡々と赤裸々に明かす。「これまでと、これからと」のタイトル通り、自分の生き方を見つめ直し、未来に向かうために決断したそうです。


1年間の連載で、屈指の芸能アスリート・ヒガシを形成するすべてをつづっていくそうです。

 
「僕は父の名前も顔も知らない」。初回のコラムで、ヒガシは波乱に満ちた幼少時の記憶をたどるそうです。


父が酒とギャンブルにまみれ、借金取りから逃げるため、家族は住まいを転々としたそうです。


東山が3歳のとき、妹が生まれてすぐ、両親は離婚したそうです。母子3人の生活を「僕にとってはごく自然な光景であった」と振り返っているそうです。

 
昨夏の舞台「PLAYZONE」でも「(母が再婚し)新しい父を好きになれなかった」などと明かしていたヒガシ。


新連載にあたり「今の僕を形成してきた出来事である“これまで”を振り返ることにより、未来への道“これから”に向かって何を求め、どうチャレンジし、切り開いていくか。自分自身の人生と生き方を再確認、発見するために始めることにしました」と語っているそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081221-00000050-sph-ent