京成本線踏切で起きた軽乗用車と電車の接触事故で軽乗用車に乗っていた男が死亡したそうです。この男は、踏切事故の起きる直前に当て逃げ事故を起こし逃げていた途中の事故だったそうです。


千葉県市川市の京成本線踏切で22日昼に起きた衝突事故で、電車とぶつかった軽乗用車が盗難車だったことが、県警市川署の調べで分かったそうです。


運転していたのは住所不定の無職男(43)で事故後に搬送先の病院で死亡したそうです。男は踏切に進入する直前に当て逃げ事故を起こしていたそうです。



調べでは、男は踏切事故が起きる約1分前の午後0時10分ごろ、約450メートル離れた市川市の国道14号で乗用車2台と衝突し、逃走中だったようです。


衝突された被害者が軽乗用車のナンバーを覚えていたそうです。当て逃げによるけが人はなかったそうです。

 
男はその後、遮断機が下りた京成本線鬼越駅近くの踏切内に進入し、普通電車(6両編成)と衝突したそうです。


市川署は逃走中にあわてて踏切に進入し、電車と衝突した可能性が高いとみて調べているそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081222-00000558-san-soci